* * * 気ままな日々 * * *

モデル・MC「安藤晴美」のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西伊豆にて

この間の日曜日、西伊豆で撮影でした。
天気が心配だったけど、皆の日ごろの行いが良いおかげで!?
途中晴れ間も出たりして、なかなかのロケ日和。

土肥、宇久須、黄金崎、堂ヶ島、松崎・・・
と移動しての撮影です。

土肥の、世界一の花時計。

花時計


黄金崎。

20090308124726.jpg


ここから宇久須牧場へ。
山をかなり登りました。
下界との温度差がすごい!!
寒かった~

でも、おいしいと評判のソフトクリーム食べちゃった^^;

ソフトクリーム

今回はボイス・キューでお馴染みのLINちゃんと一緒でした~

その後堂ヶ島へ。

堂ヶ島

ここまで終わって遅いランチ~

鯛のぶっかけ飯です☆

ぶっかけ飯

ぶっかけ飯

さて、松崎へ。

港の先に見えるのは愛を叫んだ灯台です。

港

この赤い車が今回の旅のお供。
ちょっと運転しました
最初、外車を運転するのは初めてだったので、ワイパーとウィンカー間違えました・・
同乗者はかなりドキドキしたのではないでしょうか・・・

それはともかく。

松崎は春の雰囲気。

桜

ゴールでは桜と菜の花の共演が見られましたよ~

桜


無事に撮影終了しました。
最後は焼肉で打ち上げ~

なんか食べてばかりな気もするけど、頑張ったから良いのです。

何の撮影だったのかは、また今度
スポンサーサイト

コメント

僕もこの間西伊豆に行きました。
いい所ですよね・・・何も無いけど。
ホテルニュー岡部の若い仲居さんがあまりに周りに何もないんで、フェリーで清水まで出てからいろんな所に遊びに行くって言ってました。

でも、空気や景色がいい所ってそういうもんなんですよね~。
何も無い!!

鯛のぶっかけ飯、うまそうですね!!
・・・って、鯛に何をぶっかけるんでしょうか??

ぶらり西伊豆ウマいもの旅!!

鯛のぶっかけ飯ってまご茶の鯛ヴァージョンだっけ?

ご飯の上の鯛の刺身に出し汁かけて

旨そうだなぁ!

ぶいさん、こんにちは。

フェリーー西伊豆の方はよく利用するみたいですね~。
確かに便利。
ぶいさんもフェリーでいらしたんですか?

鯛のぶっかけ飯。
ごはんの上に鯛のお刺身、最初はタレで食べて、次に温泉卵をのせて食べて、最後に出し汁をかけて食べる…というかんじでした。
おいしかったです(*^_^*)

魔天郎。さん、こんにちは。

そうそう、まご茶みたいなかんじです~

鮪、鯛、イカ…いろんな種類がありましたよ♪

西伊豆満喫~

楽しかったですね!

写真がズラリと並ぶと、いろいろ立ち寄ってきたんだな~って思いました。
桜のアップの写真が綺麗です(*^_^*)

もう春ですね~☆

いろいろと行かれたのですね。春、という感じが伝わってきます。安藤さんのブログでLINさんのことを知ったので、LINさんのブログにコメント入れてしまいました。私と名前が、ちょっと似てるので親近感が持てました。でも、2人の声が聞けないのがほんとに残念。

LINちゃん、こんにちは。
先日はお疲れ様でした~

最後の桜は本当にキレイだったね、もう春だね☆

LEEさん、こんにちは。

確かに、LEEさんLINちゃん名前ちょっと似てますね~
静岡に来ることあったらぜひ聞いていただきたいです☆

静岡はもう春ですよ~

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

harumi


harumi896

Author:harumi896
 こんにちは 
 安藤晴美です
 
 ゆったりのんびりな日々の中、
 時々ハードに仕事してます

 最近始めた趣味のカメラ・・・も、
 早3年目に突入です。
 NikonD80を愛用中。

 好きなものは、お酒。
 ビール、焼酎、日本酒、ワイン。
 おいしいお酒大好きです。
 
 でも、ただの飲んだくれにならないように、
 バレエとヨガに励んでみたり。
 
 日々、磨いていきたいな・・・
 と、思いつつ、
 マイペースで生きています☆
 

カテゴリー

最近の記事

☆コメント☆


 いつもコメントありがとうございます♪

 
 コメントありがとうございます☆
 コメントは承認制になっています
 反映に時間がかかることがあります
 また
 記事内容と関連のないコメントは
 公開できない場合がありますので
 ご了承ください
 よろしくお願いしますm(_ _)m

Blog Parts








リンク

月別アーカイブ

タグクラウドとサーチ


ブログ内検索



FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。